流行の最先端ファッションを楽しむ

耐久性の問題

医療機関業界における白衣の問題点

白衣は医療業界や衛生従事者が着用するいわば制服の役割を持っています。見た目の清潔感は勿論ですが、汚れや衛生面での配慮のためには重要な役割を持っていると言えます。素材は綿のものが主流でしたが、医療従事者、とりわけ看護師のように患者さんと接する職場では白衣を引っ張られて破けたりする事例がよくあるようです。また薬品を扱うことで薬品が付着し染みが取れないこともあります。更に経年による色落ちによる劣化も早いようです。綿素材は安いので大量仕入れもしやすく人気もありますが、こういった問題点を考えれば綿に替わる素材の白衣として汚れが落ちやすく丈夫で長持ちしやすいポリエステル製のものが活用され多くの医療機関で導入されているようです。

看護師に好評のハイテク素材

ポリエステル素材は肌触りも滑らかでしわになりにくく丈夫で長持ちで汚れ落ちにも対応出来るなど綿素材に比べてもメリットは多いです。また価格も安いので大量の白衣を仕入れる際にも負担はかかりません。 しかしポリエステル素材にもデメリットはあります、化学繊維であることから引火した際に燃えやすいことや、通気性が綿に比べて劣ることから夏場などの作業では厳しいと言えます。 そこで開発されたのがハイテク素材とも言えるセラミック粒子を取り入れた白衣です。セラミック粒子は熱や紫外線を反射し通気性にも優れていますしポリエステル素材に取り入れることで丈夫で軽い白衣として活用出来ます。既に導入している医療機関では着用している看護師の評判はすこぶる好評のようです。看護師の業務は重労働ですからこういったハイテク素材白衣の導入は看護師としての作業が行いやすくなると思われます。気になるのがコスト面ですが、技術開発が進めば価格も安くなってくるのではないでしょうか。